風俗で働く女の子の話は面白いんです。

2014年3月10日

話を聞いてみて損は無いと思います。

風俗 求人の女の子の話を聞くと結構、面白い話が多々ありますね。中には自分の参考にもなる話があるからちゃんと話を聞いてみて損は無いと思います。中でも聞いててウゲェとなったのがこの話ですね。そのデリヘル嬢がいつものようにお客様の家に向かったらその家の中は足の踏み場もない位のゴミ屋敷で本当に眩暈がしそうになったそうです。

台所周辺は三角トレーの中に弁当の残したヤツやらカップラーメンの麺とかがそのまんま放置されていて、コバエやらなんやらが飛び回っていて本当に大変な事になっていたみたいです。シャワーを浴びようとしたらお風呂場もカビだらけだしで本当に大変だったみたいですなぁ…しかも布団もなんか湿ってて、ジメジメしてて端っこにはなんかよく分からないシミみたいなのが沢山あってそのデリヘルのプレイ後にダニに刺された痕がいっぱい出てきて最悪だったーみたいな事を延々と愚痴ってきましたね。

そういった客は迷わずNGにするべきですねデリヘル嬢が病気になった方が大変ですもの。だから、お客さんの立場の人達はちゃんと毎週部屋の掃除をキッチリとやってからデリヘルで遊ぶようにしましょうね僕もデリヘルを利用する時はしっかりと部屋を掃除してから利用しようと思います。

読書の秋

あぁ、ちょっと前までの暑さも何処へやら…最近はめっきり涼しくなってきました。あぁ、めっきり秋ですねぇ僕も昔は本ばかり読んでいました。僕が子供の頃は学校の怪談が流行りましてねぇ…それが図書室に来たときは皆揃いも揃って読んだものですよ。その本が置いてあった場所に代本板を置いてから本を借りるというね。あぁ、なんだか懐かしいなぁ…でも、代本板って今は廃止の方向になっていってると聞きましたねぇ…。

まぁ、それも時代の移り変わりというやつなのでしょう。仕方のない事なのです。今では本なんてエロ本しか読まなくなった僕も時代が移り変わったからこうなってしまったんですよね…仕方のない事なのです。読書の秋!エロの秋!デリへルの秋です!!さぁ、皆さんもデリヘルで遊びましょう!夏よりも夜が涼しくなったから全然デリヘルで遊びやすくなりましたからね。皆さんも是非ともデリヘルで遊びましょう。